緊急時の対応

TOPページ > 緊急時の対応

 

 地震 大雨・台風  火災  不審者  けが

 

大規模地震が発生した場合〔津波注意報(以上)発令の場合

ページトップへ ▲

 

 

震度4以下

震度5弱・5強

震度6以上

登校前・在宅時

注意報解除後,学校へ登校

地震発生当日は登校不要

建物等に異状がなければ地震発生翌日から学校再開

連絡があるまで登校不要

登校途中

近くの高い場所(     )にすぐ避難
学校が近い場合は学校へ

注意報解除後,学校へ登校
近くの高い場所(    )にすぐ避難
学校近い場合は学校へ
職員は児童の出欠状況と安否確認

注意報解除後,保護者に引き渡し

在校時

校舎3階または屋上に避難
異状がなければ授業再開

通常の下校

校舎3階または屋上に避難
保護者が迎えに来るまで児童は学校待機

注意報解除後,保護者に引き渡し

下校途中

近くの高い場所(     )にすぐ避難
学校が近い場合は学校へ

注意報解除後,帰宅

近くの高い場所(    )にすぐ避難
学校が近い場合は,学校へ

学校に戻ってきた子どもについては,注意報解除後,保護者に引き渡し職員は保護者に引き渡し後,通学経路点検及び児童の安否確認

備  考

○ 登下校時,地震に遭遇し学校に来た場合は,学校で保護します。
○ 津波襲来の場合は,保護者の迎えがあるまで学校で保護します。
○ 登下校時間帯を過ぎて帰宅しない場合は,状況が落ち着き次第,学校に迎えに来て下さい。
※ 「津波注意報(以上)が発令されない場合」の対応については,こちらをご覧下さい。
 

※ 上記の「近くの高い場所」については,ご家庭で相談し,決めておきましょう。

○ 子どもと,いつでも対応を確認し,万が一に備えましょう。
○ 震度5弱異状の場合は,状況が落ち着き次第,速やかに学校に駆けつけて下さい。。

○ 電話での問い合わせは極力控えてください。(学校からの発信優先です。)

○ 「災害伝言ダイヤル」設置の場合は,学校の情報を聞いてください。 171−2−0225−82−2229

○ メール配信システムでも情報をお知らせする場合があります。

○ テレビ,ラジオ等の情報を確認し,冷静・迅速に行動してください。

 

大雨が降っていたり,台風が近づいて暴風雨が激しい場合

ページトップへ ▲

 

(1)在宅中

@原則として自宅待機です。家族と共に避難してください。

A登校についての判断は学校から連絡します。

 ※欠席または登校時刻の遅れについては,学校へお知らせ下さい。

 

<警報が発令された場合>

@自宅待機してください。または,家族と共に避難してください。

A解除後は,学校から連絡が入ります。

(2)登校中

必要に応じて,職員が街頭指導及び地区巡視を行い,登校中の児童の安全確保に努めます。

(3)在校中

@

原則として学校で待機します。

A

通学路の安全を確認し,状況に応じての下校。(家族の方への直接引き渡し)

 

注意報・警報解除後,職員が通学路の巡回・救護を行います。

(4)下校中

必要に応じて,職員が街頭指導及び地区巡視を行い,下校中の児童の安全確保に努めます。

  

火災が発生した場合

ページトップへ ▲

 

火災に対する対策

・ 各教室ごとに火気取り締まり責任者を置いています。

・ 校内で防火管理規定を定め,遵守しています。

・ 月1回,全職員で校舎内外の安全点検を実施しています。

避難の流れ

@

避難訓練の手順に沿って避難をします。(授業中)

 

(「さない」「しらない」「ゃべらない」)

 

1 非常の合図がなったら,すべての行動をやめ,静かに放送を聞く。

 

2 教師の指示を待つ。指示に従う。

 

3 頭部を守るため,体育帽子などをかぶる。

 

4 学用品は持たず,上履きのまま避難する。

 

5 部屋を出たら絶対に戻らない。

 

6 校舎内では前の人に触れたり走ったりしない。校舎の外へ出たら,駆け足で避難する。

 

7 口を閉じて避難する。避難所についたら素早く整列する。

 

 

A

状況に応じての下校。(家族の方への直接引き渡し)

 

校地・校舎内に不審者が侵入した場合

ページトップへ ▲

 

不審者進入へ対応した安全策

校舎内に「さすまた」を設置しています。

来客・保護者・業者の出入り口を職員玄関とし,校内に出入りする方については職員室に断ってから入っていただいています。

授業時間には児童用昇降口を施錠しています。教室以外の授業などで教室を離れる際は外部に面したドアや窓を施錠しています。

随時,職員が学区内の見回りを行っています。

不審者が侵入した場合

@

児童の安全を第一とし,安全な場所に児童を避難。

A

職員は危険を隣接学級に伝え,複数の職員で対応するようにする。

B

防犯ブザーを鳴らし,危険を伝える。

C

警察,消防署への出動要請。

D

被害児童等への応急手当,心のケア

E

状況に応じての下校。(家族の方への直接引き渡し,集団下校)

 

(保護者への事情説明,報道機関への対応)

 

けがが発生した場合

ページトップへ ▲

 

けがの防止

・ 月1回,全職員で校舎内外の安全点検を実施しています。

・ けがの原因を検討し,施設設備の安全面での改善に努めます。

けがが発生した場合の対処

@

現場へ急行し,教職員が協力し合って保健室へ搬送します。

A

保健室(その場)にて養護教諭が応急手当を行います。

 

(けがの程度により,通常の学習へ復帰・帰宅・医師の診察が必要 の判断をします。)

B

家族の方へ電話連絡をします。

 

・かかりつけの医師を確認させていただきます。

 

・保険証を持参の上,学校または病院へおいでいただきます。

 

・学校へ迎えに来ていただく場合もあります。

 

(必要に応じて校医への診察要請,タクシーあるいは救急車の要請を行います。)

C

担任または養護教諭が児童と共に病院へ向かいます。

D

治療中は,担任または養護教諭が付き添い・看護を行います。

E

家族の方へ引き渡します。

 

 


無断複製を禁止します。

Copyright 2010-2012 Yamotohigashi Elementary School

メールはこちら